最安の眼鏡フレームはどこで手に入る?店ごとにレンズの条件が違うので気を付けよう

眼鏡は性能も大事ですが、完成にいくらかかるかも決して外しては通れない要素ですよね。
やっぱり安く済むならそれに越したことはないですから、『今一番安いフレームはいくらくらいでどこで探すと良いか』というのは気になる部分だと思います。

このページでは、そんな眼鏡フレームの最安値を店舗ごとに比較してひと目で分かるようにしておきました
気に入るフレームが見つかるかはわからないので、複数のお店でチェックできるようにしておくと良いでしょう。

また一見安価な価格が表示されていても、度付きのレンズがセットになっていない場合があるのでその点は要注意です。もちろん値段を上乗せしてレンズをつけることは可能ですが、間違いなくそちらのほうが高くつきますので。

 

格安店におけるフレーム最安値比較

実店舗

今回の調査の中で、実店舗からのラインナップのこの2社のみ。
誰もが頭に浮かぶ2社ですが、手広く展開していて、眼鏡をここまでリーズナブルな価格で提供できるのはこの規模にならないとやはり難しいのでしょう。

【JINS】 【Zoff】
最安フレーム(レンズ付き) 5500円 5500円
↳セットレンズ(屈折率1.55) +0円 +0円
↳セットレンズ(屈折率1.60) +0円 +5500円
↳セットレンズ(屈折率1.74) +0円 +13200円
↳ブルーライトカットレンズ +5500円 +0円

上の表が「フレーム+度付きレンズ」の最安価格。
どちらも最小限の価格で買おうとしたら5500円で手に入れることができるということがわかります。

JINSはより薄型にする場合も追加料金がかからず、Zoffはブルーライトカットつきレンズが無料が手に入るのが特徴。それぞれどんなレンズを優先したいかで最終的に安い方が変わってきます。

 

【JINS】 【Zoff】
最安フレーム(レンズなし) 3300円 3300円
↳レンズ交換(単焦点) +5500円~ +3300円~

こちらの表は「フレームのみ+度なし特殊レンズ」の最安価格。
特殊レンズとは、カラーレンズ・クリアサングラス(透明だけどUV420までの高エネルギー光線をカット)・PC用眼鏡・花粉症対策ゴーグルなどのこと。度が入っていない代わりにこれらの機能が付随していますよなっているのですが、度なしであれば注文後の加工をする必要もないわけでその分安価な設定価格になっています。
フレームだけ見ればレンズ付きセット価格より安いですが、度数を入れようとするとここに+3300円~+5500円されるので値段が逆転してしまうので、購入時はレンズがセットになっているかどうかはよく確認するようにしてください

ネット通販

価格だけ見るとやはりネット通販サイトは強いですね!
店舗にかかる様々な経費を計上しなくて良いので、なかなか無茶なキャンペーンを行っているところもあります。

【レンズダイレクト】 【メガネ通販センター】 【メガネバンク】 【ニコニコメガネ】
最安フレーム(レンズ付き) 2200円~2970円 1980円~2980円 1980円 1980円~2980円
↳セットレンズ(屈折率1.55) +0円 +0円 +0円 +0円
↳セットレンズ(屈折率1.60) +2300円 +1990円 +2200円
↳セットレンズ(屈折率1.67) +1430円
サービス、キャンペーン 2本で500円off 2本10%off、3本20%off 付属品4点セット付き ウルテム素材が安い

並べてみると、軒並み2000円前後から購入することが可能なのがわかります。価格に範囲があるのは、安い方の額だとフレームの選択肢がやや狭めだったので一つ上のランクも追記してあるためです。

厚くなりやすい標準レンズとは言え度付きレンズが含まれていますから、気軽に購入するにはまさにうってつけ。
特に後述する使い方をするのなら、多少のデメリットは気にならないレベルと言えるかもしれません。

 

安いフレームのデメリット

安い商品の例に漏れず、工業品である眼鏡も値段相応の品質となってしまうことがあります。

フレーム性能の低さ

しっかりした眼鏡は通常何百個もの細かいパーツに分かれていて、緻密に作られたそのパーツ同士を組み合わせて作られています。
でも安価なフレームはそんなことをしていたらあっという間に赤字ですから、例えば型に溶かした素材を流し入れ固めて一気に全体を作るなどという非常にお手軽な方法が取られています。
このタイプは使用される素材が色々と混ぜ物がしてある、単にプラスチックとか合金としか呼びようがない中身なので、強度や使い勝手が悪い事が多々あります。

繋ぎ目があっさり折れたとか、普通に使ってるのに曲がってきたなどのトラブルが十分ありえるので気を付けてください。

 

不良品が多い

ここでいう不良とは、お店に並べられないほどではないけれど仕上がりになにがしかの問題があるフレームのことを指します。(並べられないほどなら即返品ですから)


ポテト
例えば丁番のこの部分。
レンズのはまっている前面フレームと耳にかかかるテンプル部分を金属の丁番がつないでいます。

写真では金属部がテンプルと平行に埋め込まれてますよね。
安いフレームは、この埋込みが微妙に傾いていて左右の並行が取れなかったりといったことが時々起こります。するとテーブルに置いてもカタカタ動くし、かけるとなんかメガネが傾いてるなんてことも。埋め込まれた部分は直しようがないので、根本を無理やり曲げて強引に並行をとるくらいしか手段がありません。

またレンズを入れる溝の深さや角度が安定せず、普通にレンズを削って入れようとしても上手く入らない事態も起こり得ます。ヤゲンが合っていないのにムリヤリ入れると、最悪はめた後すぽーんと飛び出してしまったりすることがあるんですよねー。(持ち込みフレームで何度も苦労しました)
レンズ交換をしたいとなった時に、こんな問題が発生する可能性があることは覚えておいて下さい。

 

パーツが手に入らない

もうひとつ特徴として、大量生産品なので1つのフレーム型番が長く保管されないという点があります。
通常フレームが破損した場合、メーカーに問い合わせて破損したパーツのみを取り寄せて安く交換する方法がとれます。しかし激安フレームは大体すぐ廃番になって細かいパーツ仕入れに対応してないことがあるので、パーツ交換が受け付けてもらえない可能性が高いことに注意してください。

 

安いフレームの活かし方

激安フレームの問題点を見てきましたが、しかしそこはさるもので皆さん安いなりに様々な活用法を考えて使っているようです。

風呂場では風呂専用眼鏡を

定番なのはコレ。
度の強い人は眼鏡を外してできる行動がマジでないので、お風呂に入る時も当然眼鏡が必要になります。
ところが眼鏡は、フレームにしろレンズにしろ全般的に熱に弱い弱点があります。シャワーくらいであればすぐさま傷んでしまうという訳では無いものの、やはり長時間あるいは長期間使うことで受ける悪影響はかなりのもの。
塗装はがれ、接続部のサビ、レンズのクラックなどが起こることは避けられません。

よってお風呂用の眼鏡を激安フレームで作るわけですね。風呂で自分が使うだけであれば見た目がかなり悪くなっても大した問題ではないですし、激安フレームを使い潰すのは理にかなっています。

 

子供やペットのいる家は壊される前提で

避けようがない環境としてこれもよく挙げられるでしょうか。
小さなお子さんやペットがいるお宅は本当に眼鏡の故障が多いこと多いこと。ちょうどおもちゃとして触りたくなっちゃうのか、フレームが折れたりかじられたりして駆け込んでくる親御さんは個人的に眼鏡屋の風物詩だと思っています(笑)。

どんなに頑丈な眼鏡でも、どんなに柔らかさを謳っていても一定以上の負荷がかかるとフレームはあっさり破損します(特に丁番付近)。
というわけで、安い眼鏡を何本も揃えて有事に備えるのがベターなのかもしれません。

 

性能でカバーしきれない仕事環境

例えば工業品の加工などをされている方は、削った破片などが飛び散って眼鏡のレンズを傷つけてしまうことがままあります。ゴーグルなどもしているでしょうがその隙間から入ってきたり、ほこりや煤がついたレンズを拭う時に傷がついたりが非常に発生しやすいようです。

そういった方にはお店で用意出来る最強の傷防止コーティングをご案内するのですが、あまりにも環境が悪いとそれでも足りずにボロボロになることも。頑丈なガラスレンズの出番なのですが、重くて割れやすいデメリットもあるので一長一短ですね。
やはり定期的に買い換えるのが経済的であると思われます。

 

度が進むのが早い人

年齢が低い時や目を酷使しやすい人は度の進みが早い傾向があります。遠近両用ご利用の方も、手元を見る加入は一定期間で強くなっていくことが多いです。
せっかく良いフレームを買ってもすぐに視力が落ちて交換する羽目になるのはもったいないですよね。レンズ交換も手ですが意外と交換の方が高くつく場合があるので、安いフレームとレンズのセットを利用して小刻みに更新していくのは全然アリです。

 

まとめ

安いフレームは固い・重い・脆いというイメージが長くあり、また記事内でもそのように紹介していますが、最近は低価格帯でも弾性に富んだフレームや軽くてかけ心地の良いフレームも多く発売されるようになりました。

多少の問題点に目をつぶるなら、充分日常での使用に耐えるレベルまで平均点が上がってきたんじゃないでしょうか。
デザインも決して悪くはないですし、眼鏡はお手軽に済ませたいという人には選びやすい時代がやってきたという気がします。